【目次】

AGA治療薬「プロペシア」とは

男性が発症する薄毛や抜け毛のほとんどが、AGAが原因だと言われています。
なので改善するにはAGAの治療薬を使うのが最も効果的ですが、数ある治療薬の中でも最も効果が高いと言われているのがプロペシアです。

プロペシアとはアメリカのメルク社という製薬会社が開発した薬で、元々は前立腺肥大症の治療薬として開発された成分でした。
ところが前立腺肥大症の治療で服用をしていた患者さんに次々と抜け毛が減ったり体毛が濃くなる副作用が現れました。
調べてみるとプロペシアには毛髪を成長させる効果があると分かり、今ではむしろAGAの治療薬としての方が有名なほどに人気となっています。

とは言ってもプロペシア自体には発毛効果や育毛効果はなく、あくまでも乱れたヘアサイクルを正常に戻す働きをしてくれます。
これによって抜け毛が減り健康な髪の毛が増えるのですが、実際の試験データでは国内の20歳から50歳のAGAの男性に1mgのプロペシアを1日1回1錠服用してもらい3年間調査しました。

すると頭頂部は1年目に58%の人が改善して40%の人が進行がストップ、2年目は61%の人が改善して38%の人が進行がストップ、3年目は72%の人が改善して25%の人が進行がストップするといった結果になりました。
続いて前頭部は1年目に58%の人が改善して40%の人が進行がストップ、2年目は68%の人が改善して31%の人が進行がストップ、3年目は78%の人が改善して20%の人が進行がストップと確かな効果を発揮しました。

このように絶大な効果を誇るプロペシアなので、薄毛が気になる人は使用してみたいと思われるかもしれませんが、実は薄毛治療はとてもデリケートなものなので、お近くの薬局やドラッグストアでは購入することが出来ません。
なので、もしも服用をしたいと考えている場合の買い方は、病院を受診して医師の診察の下で処方してもらうしかありません。
ただし、しっかりと診察を受ければ比較的簡単に処方はしてもらえるので、気になる人はAGAの専門病院を受診してみてください。

プロペシアはどこで買えるの?

プロペシアの入手方法ですが、お伝えした通り薬局やドラッグストアでは購入することは出来ません。
医師の許可が必要な処方薬のため、基本的には病院でAGA治療を受けてから入手することになります。

病院といっても様々な機関があり、一般的には総合病院を受診してみてもよいでしょう。
総合的な治療を行っているところですとプロペシアの処方を行っていることもあります。
ただAGAの専門医がいないことがありますので注意が必要です。
薄毛治療に特化しているわけでもないため、専門性のある施術にはあまり期待ができません。
プロペシア以外の治療を希望する場合も受けられない可能性があるゆえ、さらなる高度な施術を希望する場合は適していないと言えます。

専門的な治療を希望する場合は、AGAの専門病院を利用することです。
専門病院であるため、主な患者は薄毛の悩みを持つ人で、プロペシアの処方も積極的に行っています。
医師は専門的な知識と経験が豊富にあるため、各人の症状に合わせて適切な治療やアドバイスを行えるため、患者も安心して治療を受けられます。
施術内容も幅広く、プロペシアの処方以外にも育毛メソセラピーや幹細胞移植、植毛治療などの治療が可能な専門病院も多く、様々な治療の選択肢も広がることでしょう。

プロペシアは処方薬のために病院を通じて入手するのが原則となりますが、その他にも個人輸入を利用しての買い方が選択されるケースも少なくありません。
この方法は個人で海外から購入する方法で、病院を通さなくても入手できます。
費用面でもリーズナブルに済むため負担が抑えられます。
ただし利用も購入も全て自己責任となるため、安全性を求める場合は医療機関を利用した方が良いと言えるでしょう。

関連ページ