【目次】

ミノキシジルは女性や子どもも使えるの?

ミノキシジルは世界で初めて脱毛に効果があると認可が下りた成分です。
現在では男性型脱毛症であるAGAによる薄毛治療に広く一般的に用いられています。
しかしながら薄毛に悩んでいるのは男性だけではありません。
特に最近では若い女性の中にも薄毛で悩んでいる人が増えていますし、子どもの中にも髪の毛が薄くて毎日学校に行くのがおっくうになっている子どもも居ます。
ミノキシジルは女性や子どもが使っても大丈夫なのでしょうか。

男性型脱毛症であるAGAの女性版が存在します。
FAGAと一般的には呼ばれているのですが、実はFAGAの治療に広く用いられているのはミノキシジルです。
つまり普通の女性がミノキシジル入りの商品を使うことに関しては何ら制限はありません。

それ以外で女性が心配になるのが妊娠中や赤ちゃんを育てている時ではないでしょうか。
妊娠中や小さな赤ちゃんを育てている最中は多くの薬が服用を制限されたり禁止されたりします。
それは胎児はお母さんのお腹の中で血液から栄養をもらい、赤ちゃんは母乳によって栄養を補給しているからにほかなりません。
母乳も血液ですからお母さんの血液に溶け込んでいる成分の影響を強く受けます。
薬の成分によっては胎児や赤ちゃんの発育に悪影響を及ぼすものもあります。

ミノキシジルは血管を拡張させ、血液の流れを良くする効果を持っています。
それ以外の効能は特にありません。
血管が広がって血流が良くなることは胎児や赤ちゃんの成長に悪影響を与えることは考えにくいです。
ですから妊婦さんや赤ちゃんを育っているお母さんが使用することに関しては特に問題はありません。

しかし、子どもにミノキシジルを使用してはいけません。
ミノキシジルを配合させている商品の注意書きにも必ず子供には使用しないように注意書きがされています。
ミノキシジルを含んでいる商品を子供が使用すると、フケや吹き出物が出たり、発信やかぶれが現れることもあるほか、場合によっては激しい頭痛やめまい、吐き気に襲われることもあります。

妊娠したら薄毛治療は一旦止めるが善

女性だけど薄毛で悩んでおり、治療のためにミノキシジルを使ってみたいと考えている人もいるでしょう。
薄毛治療薬の中には女性は使えないというものもありますが、ミノキシジルは問題ないとされています。

ミノキシジルは安全性の高い成分として知られています。
あくまで血流を良くするという成分であり、頭皮の血行を改善することで髪の毛に必要な栄養素がきちんと届くようにサポートしてくれます。
それによって発毛を促すという成分です。

ミノキシジルは女性でも使える成分ですが、子どもには使用できないということです。
子供が使った場合は眩暈や吐き気、嘔吐、腹痛などといった副作用のリスクがあります。
場合によってはかなり症状が重くなってしまうこともあるので注意しましょう。

女性が使用しても問題などはないとされており、誰でも安心して使うことのできる成分です。
しかし、ミノキシジルを利用する時にはいくつかの注意点があります。
この薬は個人輸入によって入手することもできますが、その場合は偽物のリスクがあると知っておきましょう。
偽物の薬を服用すると副作用が発生してしまうこともあります。

確実に本物の薬で薄毛の治療をしたいという場合、ドクターに処方してもらった方が良いでしょう。
ドクターに処方してもらう場合は副作用のリスクや正しい使用方法について細かく聞くことができます。
重篤な副作用のリスクはないとされていますが、気になる症状が出た場合は一度使用を中止しましょう。

妊娠中は薄毛や抜け毛などが発生しやすいと言われています。
しかし、これは一時的なものですし、妊娠したら薄毛治療は一度休んだ方が良いでしょう。
母乳から成分が子どもに届いてしまうという可能性もあるからです。

関連ページ